Birth-伝統と革新-

1945年、戦後間もなく、

砂糖が貴重とされ、甘味が渇望された時代に、

和菓子屋として創業しました。


「永遠のゼロ」
戦時中の特攻隊員が

死ぬ前に一番食べたいものとして、

甘い物を上げるくらい

「砂糖」は人々の憧れでした。





先代は、その憧れを身近にしたいという

思いから創業しています。



京菓子に始まる本格的な、

「式菓子」という儀式用の菓子、

伝統菓子を代々学び、継承してきました。



終戦後、東京では洋菓子の技法が

少しずつ入ってきました。

ところが、田舎には技術どころか

道具すらなかった時代。

石を積み上げて、石窯を作り、

なんと「すり鉢」と「すりこぎ」で

マドレーヌを焼いたそうです。



和菓子という伝統の中に、

革新的なものを取り入れながら

技術継承してきた先に

今のエルトベーレの原型があります。



戦後・昭和20年代「先代の製造風景」。

私たちの原点が和菓子にあることを

思い起こさせる当時の貴重な写真です。


c0384987_00220621.jpg



すべての商品が製造量に限りがありますため、

会員様を優先的にご案内しております。

▼ご登録はこちらより

http://erdbeere.jp/contact.php

















[PR]
by erdbe | 2017-09-12 23:39

コンディトライ・エルトベーレ公式ブログ


by erdbe